データ復旧不可能な重度の物理障害の自己診断の方法
 
Back
 
  お願い広告費が高くて困っています。よろしければ「お気に入り」に登録してください。
 

 

 
ハードディスクが認識していない重度の物理障害は、クリーンルーム(無菌室)の設備がある大手データ復旧業者へお問い合わせください。


   自己診断の考え方

 自己診断は難しいものではありませんので、ご自分で考えて努力してください。

   脳がフレッシュな方にできないはずがありません。努力される方には敬意を表します。

  頑張ってもどうしても分からないご依頼者様は、当オフィスに送付していただき診断になります。 
 

 

1.電源を入れるとカタカタ、カックン、キュー 、カチカチと激しい音が鳴る
  
重度の物理障害です。当オフィスではデータ復旧不可能です。 クリーンルーム(無菌室)でハードディスクの開封作業になります。
室内で行うと磁気ディスクにホコリが付着してデータが読み取れなくなります。
 

 

カタカタ    カックカックン    カチカチ    キュー



異音がしても下記のコンピュータの管理でディスク1 が表示され、「正常」「○○○GB」と表示されていればデータ復旧の可能性があります。

 

 

コンピュータの管理でディスク1が表示されない



@ パソコンからハードディスクを取り出し、USBハードディスクアダプターで接続。


 


A デスクトップのコンピュータを右クリック。 もしくはスタートをクリックしてコンピュータを右クリックで管理。

 

 

 Windows7、8

                                                        

 

B 管理(G)をクリックするとコンピュータの管理が表示されます。左側のディスクの管理をクリック。
 

ディスク1が表示されない場合は認識していませんのでデータ復旧不可能です。

読み取り不可、メディアなし認識していませんのでデータ復旧不可能です。

ディスク1に「正常」「○○○GB」と表示されていましたらデータ復旧可能です。

 

 

 

 3. ディスクの初期化が表示される

 

下記の図のディスク1に「ディスクの初期化」が表示されても、容量(186.31GB)が表示されないと重度の物理障害でデータ復旧不可能です。

 

 

ディスク1に「ディスクの初期化」が表示されても、容量(186.31GB)が表示されるとデータ復旧可能です。