データ復旧可能な自己診断の方法

 

Back

 


 
自己診断の考え方
  自己診断は難しいものではありませんので、ご自分で考えて努力してください。
   脳がフレッシュな方にできないはずがありません。努力される方には敬意を表します。

   頑張ってもどうしても分からないご依頼者様は、当オフィスに送付していただき診断します。
 

 



 


1.コンピュータの管理でディスク1が表示される


@ USBハードディスクアダプターを量販店で購入(2,000 〜 3,000円くらい)。




 

パソコンはハードディスクを取り出しUSBハードディスクアダプターで接続して、デスクトップのコンピュータを右クリック。

もしくはスタートをクリックしてコンピュータを右クリックで管理をクリック。





Windows7、8

 

 

下記の図のディスクの管理をクリックして、ディスク1が表示 され「正常」「○○○GB」と容量が表示されるとデータ復旧可能です。

RAW(未フォーマット)、未割り当てと表示されてもデータ復旧可能です。


ディスク1が表示されない、「不明」「メディアなし」が表示されると、重度の物理障害で
データ復旧不可能です。

 

 

 

 

 

ブルーレイ、ハードディスクレコーダーはデータ復旧可能です。


ディスク1に「ディスクの初期化」が表示されても、容量(186.31GB)が表示されるとデータ復旧可能です。

下記の図のディスク1に「ディスクの初期化」が表示されても、容量(186.31GB)が表示されないと重度の物理障害でデータ復旧不可能です。

 

 

 

ディスク1に「ディスクの初期化」が表示されても、容量(186.31GB)が表示されないと重度の物理障害でデータ復旧不可能です。