データ復旧不可能な重度の物理障害の例

Home

Back
  お願い:広告費の値上げで数時間しか掲載できません。よろしければ「お気に入り」に登録してください。
 
 

   重度の物理障害はクリーンルーム(無菌室)の設備がある大手データ復旧業者へお問い合わせください。

 

 
1.電源を入れるとカタカタ、カックン、キュー 、カチカチと激しい音が鳴る
  

重度の物理障害です。当オフィスは高額なクリーンルーム(無菌室)の設備がないのでデータ復旧不可能です。

クリーンルームでハードディスクを開封して部品交換になります。 室内で行うと磁気ディスクにホコリが付着して

データが読み取れなくなります。

 
 

                                  カタカタ    カックカックン    カチカチ    キュー

 

                               

 

2.トップメニューにアイコンが表示されない

  
 ・ 
アイコンが表示されなくてもディスクユーティリティに表示されていれば、データ復旧可能です。

 
   USB外付けハードディスク、パソコンのハードディスクを取り出し、USBアダプター接続で正常なPCにつなげてもデスクトップにアイコンが表示されない。
重度の物理障害で当オフィスではデータ復旧不可能です。  クリーンルームの設備のある大手データ復旧業者で、
ハードディスクの開封作業になり ます。 (相場は40万円前後です)

 

いつもは赤枠内にアイコンが表示されるが、突然表示されなくなった。

 
 @ 移動からユーティリティをクリック

 
 A ディスクユーティリティをクリック

 
 B ブルー色に選択したハードディスクのアイコンが表示されていれば、データ復旧可能です。